かながわ総合法律事務所

戻る

任意売却とおまとめローン

「借金を完済しよう!○○銀行のおまとめローン」
「債務を一本化して利息の負担と返済の手間を省きましょう」
テレビコマーシャルなどで、ご覧になったことがある方・今まさに検討されている方も多いのではないでしょうか?
借金返済のための有効な解決方法として債務整理とおまとめローンは挙げられますが、では実際、どちらの手続きをとったほうがあなたにとって本当の利益になるのでしょうか?

債務整理のメリットとおまとめローンとの比較

債務整理や過払い金請求のメリットは次のようになります。
ブラックリストに掲載されてしまう点や支払先を一本化することは、債務整理の手続きにはありませんが、それ以上の大きな効果を得られるのが、債務整理といえるでしょう。

①月々の支払いが今より楽になる。
現在の月々の支払い額より低い金額での返済が可能となるのは、おまとめローンも債務整理も一緒です。
ただし、おまとめローンでは、金利が低くなったとは言え利息の支払いは継続するのに対し、債務整理では利息のカットを行う分、さらに返済額は楽になります。

②取立てがある場合でも即対応し救済可能。
債務整理では、取り立てがあっても、代理人として介入すれば、取り立てはすぐストップします。
しかし、おまとめローンでは融資の審査を行うため、おまとめ先が返済をしてくれるまで、取立てがあってもその間は自分で対処しなければなりません。

③過払い金が発生している場合には借金の減額が可能。
「おまとめ」前の会社に、払い過ぎの利息がある際には過払い金の算定を行うことで、現在の借金を減少させたり、消滅させたりすることができるのが、債務整理や過払い金請求の特徴です。
一方、おまとめローンでは、過払い金の算定は行われないため、払う必要のないお金まで支払わなければなりません。

④これから将来に発生する利息をカットすることが可能。
おまとめローンでは以前より利息の負担は減るとはいえ、おまとめ先に利息の支払いがあります。
そのため、400万円近くをおまとめし、月の返済額を8万円程度にしても実際は5万円が利息になり、元金には3万円程度しか当たりません…一年たっても元金は36万円しか減らないわけです。
一方、債務整理で400万円近くの返済を行った場合には、月8万円返済すれば、利息がかからない以上8万円全額が元金に入ります。 一年間で、元金は96万円も減るわけです。

⑤生活サイクルを戻すまでの時間の確保
債務整理では、依頼日から債務整理手続きが終了するまでの数ヶ月は、支払いはいったん停止するため、歯車を元に戻す大事な時間を確保することができるというメリットがあります。
一方で、おまとめローンでは、支払先が変更されるにすぎないので、休む間もなく返済を継続しなければなりません。 おまとめローンと債務整理の比較の上記から、お分かりのとおり、金額面の負担は債務整理のほうがはるかに楽になります。

おまとめローンを検討する前に…

ブラックリストに載らないことが、おまとめローンの大きなメリットと言えますが、既に年収の1/3を超えて借り入れをされている方は、実質的には、既にブラック状態のため、大きなメリットとは言えません。
おまとめローンを一概に「悪いシステムだ」と決めつけているのではありませんが、もし、おまとめ前に無料相談に来ていただけていたら…と思うと非常に残念です。 おまとめローンを考えなくても、あなたにはもう支払うものはないかもしれません。 是非無料でご相談ください。

無料相談について

事務所概要