かながわ総合法律事務所

戻る

無料相談の流れ

無料相談はメール・お電話・面談でのご利用が可能です。
「ご相談に伺いたいのですが…ご相談費用はかからないですか?」といったご質問を受けることがありますが、相談費用は完全に無料です。
また、ご相談時に当事務所に対して発生する費用はありませんので、ご安心下さい。
みなさんの身近な法律相談所として、幅広い方に門戸を開き無料相談の良さを知っていただくというのがその理由です。

1
メールまたはお電話で相談
  • ①ご相談内容の確認

以下の点について、10分ほどお話(メールのやり取り)をさせていただきます。

  • ②月々の返済合計額と今後の返済可能額

お1人1人の収入や生活状況によって、今後の月々の返済可能額は大きく異なっています。
あなたが「この金額なら返済が可能」~「この金額ならギリギリだけど返済可能」という金額をお伝え下さい。

  • ③借入れ先の会社名

債務整理や過払い金請求手続きを進めていく中で、会社毎にその提示される条件や対応には様々な特徴があります。 そのため、業者毎にその対策は異なって いきますので、借入れ業者をお伝えいただくことで、より的確なプランニングが可能となっていきます。

  • ④各借入れ業者との取引年数

取引年数は、借金の減額があるか無いか(払い過ぎのお金があるかないか)を判断する上で、とても重要となってきます。
正確に分かれば分かるほどより正確なご相談が可能ですが、古いものについてはそこまで正確に覚えている方のほうが少ないのが現状です。
「すいません、本当によく覚えていないのですが…」 とおっしゃられる方がありますが、それほど神経質になられなくても大丈夫です。
もし分からない方は、大体このぐらいだろうというラインでお話をしております。
正確に覚えていないとご相談ができないということはありませんのでご安心下さい。

  • ⑤過去の完済業者の有無

過去に取引きのあった業者(完済業者)がある場合には、払いすぎの利息(お金)に対して過払い金請求をかけることで、お金を取り戻すことができます。
ただし、過払い金請求に関しては、各業者ごとにその返金額 ・返金時期にはかなりのばらつきがあるのが現状です。
例えば、裁判をしなくてもある程度返還をするところ・裁判をしないとある程度の金額は返還しないところ・裁判をしてもいっこうに支払わないところなど大きく分かれます。
業者によって大きく左右されますが、完済業者の過払い金を現在返済中の業者の返済に充てることで、何とか返済ができるようになったという方も、意外と多いのが現状です。

2
面談の日程のご予約

メール・電話では「直接のコミュニケーションがとれない」「資料を使ってご説明できない」以上、お伝えできる情報にどうしても制限がでてきます。
また、実際にご依頼を受ける場合には、代理人となるために委任状(当事務所作成)などの書類にご署名・ご捺印を頂かないとお手続きには入れません。
そのため、より詳細なご相談やご依頼をご希望の場合には一度事務所にご来所頂き(又は出張を行い)、面談でのご相談が必要となってきます。
面談でのご相談は、もちろん1人1人の個別相談制となっており、当事務所で行います。
予約制となっておりますので、電話かメールでのご相談の際に予め日時のご予約をお取り下さい。
通常は、2、3日以内、資料を整理して翌日にご来所されるという方が当事務所では一番多い形態です。
(空き枠がある場合には当日予約も可能です)

3
面談でのご相談

お約束の日時に、当事務所にご来所の上、面談でのご相談を行います。
面談相談は代表の認定司法書士の山口が行います。
電話やメールで頂いた情報から、債務整理手続きに入られたらどのような効果がでるか、ご希望の返済金額で債務整理後に返済が可能かなどのシミュレーションを事前に行っておりますので、面談時ににその内容をお伝えします。
また、当日持参いただいたATMの振込伝票や請求書関係の資料を拝見しながら、より詳細に内容を深めたご相談を致します。

4
ご依頼をされる場合

ご相談を進めていく中で、ご依頼の希望があればご相談終了後、依頼の手続きへと進んでいきます。(ご相談をうけてから、後日ご依頼ということも可能です)
債務整理の費用体系から、手続きの全体的な流れ・注意点などをご説明していき、委任状・委任契約書などの必要な書面にご署名・ご捺印を頂きます。

5
ご依頼の手続き終了

即日、各金融会社に代理人の介入の手続きを取り、また今までの返済や貸付のデータ(取引履歴)を取り寄せます。
これ以降は、請求・支払いはストップし、あなたにお支払いについての電話や書面の郵送は全てなくなります。
お話があれば当事務所を経由して行われますので、当事務所からの連絡をしばしお待ち下さい。

無料相談について

事務所概要