かながわ総合法律事務所

戻る

個人再生について

「個人再生」とは、1/5程度に減額された借金(減額される程度は借金の額・保有している財産によって異なります)を原則として借金を3年間の分割返済で解決する手続きを指します。
継続的な収入のある方で住宅を手放したくない方に適した手続きで、減額後の借金さえ完済すれば、住宅等の財産を維持することができる上に、住宅ローン以外の借金については法律上返済義務が免除されることになります。
また個人再生は、自己破産のように借金全額の返済義務がなくなるわけではありませんが、自己破産と異なり高価な財産(住宅など)が処分されることもありません。
借金額が大きいため、全額を返済することは困難だが手放したくない高価な財産(主に住宅)を所有している方に適した手続きといえます。
個人再生では、自己破産のような免責不許可事由もありませんので、ギャンブルなどが原因で借金のある方でも利用可能な手続きです。
また、資格制限も特にありませんので、自己破産をすると職業を継続できなくなるという方に有効な手続です。

個人再生を利用できる方

個人再生のメリット・デメリット
はこちら

個人再生のよくある質問

Q
住宅ローンについても減額されるのですか?

住宅ローンは減額されません。
住宅ローンについては元本の減額はされず、返済条件の緩和のみとなります。

Q
収入が年金だけしかないのですが、個人再生を利用することはできますか?

将来に渡って継続的な収入があるといえるので、年金受給者の方であっても手続きすることが可能です。

Q
個人再生の認可後、支払いができなくなった場合はどうなりますか?

再生計画通りの返済ができなくなった場合、再生計画を変更して最長2年間支払いを延長することを認められる場合があります。
その際、すでに3/4以上の返済を行っている場合は、残額の免責が認められることがあります。これをハードシップ免責といいます。
ただし、住宅ローンについては免責されません。

無料相談について

事務所概要