かながわ総合法律事務所

戻る

過払い金請求について

「過払い金」とは、一言で説明すると、「キャッシングの利用で借入先に支払い過ぎてしまったたお金(利息)」のことを指します。
借入先は、消費者金融・サラ金のようなところは当然として、お買い物機能の付いたクレジット会社も該当します。銀行には違法な利息というものはありません。
貸金業者がお金を貸す際の金利の上限、いわゆる法定利息は、
①10万円未満なら年率20%まで
②10万円以上100万円未満なら15%まで
③100万円以上なら15%
まで法律で定められています。

そのため、消費者金融やクレジット会社などが、この範囲を超える利息の支払いを受けたしても、本来受け取る権利はありません。
むしろ、借りた方から「もらいすぎてしまったお金」として、返金をしなければならないお金(過払い金)になります。
そしてこの払いすぎた金額を、貸金業者に返還するよう求めることを「過払い金返還請求」と言います。

過払い金が発生していた場合の具体例

Aさんは今から8年ほど前から、X社に30万円を借入れ、以後借入れと返済を繰り返していました。
現在残っている借金が50万円弱でしたが、当事務所で任意整理と過払い金請求の依頼を受け、過払い金の計算を行ったところ、8年間で払いすぎていたものが80万円ありました。

Bさんは今から10年前に、Y社から30万円を借り入れ返済を続けていました。
3年前に最後の支払いをして無事Y社のお支払いを完済しました。
当事務所で完済の過払い金請求の依頼を受け、過払い金の計算をしたところ、7年間で払いすぎていたものが50万円ありました。

ブラックリストにならない!?
完済後の過払いについてはこちら

8年以上の返済期間がある方
過払い金発生の目安はこちら

過払い金請求のよくある質問

Q
私は限度額50万円で過去に29%程度の利息を払っていたのですが…払いすぎということはありますか?

「払いすぎの金利なんてそんなことあるのですか?」と初めて耳にする方は思われるかもしれませんが、実際は多くの方が存在するというのが現実です。
平成18年~20年頃からは、適正な利息(上記①~③の15%~20%)による新規の貸付けも多く見られます。
また、それ以前から取引のある顧客とは契約変更・契約見直しを行い上記の正しい利息に従っていることも多いですが、それ以前の昭和から平成18年頃までは、銀行系を除くほとんどの会社が現在で言う違法な利息の貸付けという状態になっていました。
なお消費者金融などが借入先の方では、未だに違法利息(20%を超える利息)で支払いを続けている方も見受けられます。

Q
現在月々の返済をしている会社ではないのですが、5年前に全ての支払いを終えた会社があります。このような過去の完済会社に対しても過払い金は取り戻せるものなのでしょうか?

可能です。
完済して現在支払うものがない状態でも、グレーゾーン金利を支払っていたという事実は変わりないからです。そして、現在残っている借り入れがない以上は、借入れ残高から減額するということはないわけですから、全て返金処理の対象となります。
この過払い金を、現在支払いを続けている他の会社の返済に充てることも完済している会社の有効な活用方法です。
ただし、「最後に支払いをされた日(完済した日)」から10年で時効にかかり返金は受けられなくなります。
現在であれば、平成14年に完済をされた方は、今年時効を迎えてしまうので、注意されたほうがよいでしょう。

Q
前に5社程度から借金をしていましたが、3年前におまとめローンで1本化しました。この場合前に借りていた5社から過払い金の請求はできますか?

可能です。 おまとめローンで金融機関から貸金業者に返済がされても、金融機関は貸金業者の請求する金額をそのまま返済しています。
つまり、本来は返済する必要のないグレーゾーン金利である利息についてまで貸金業者に返済をしてしまっています。法律家の債務整理とおまとめローンの決定的に異なる点です。
そのため、おまとめローンで1本化された後であっても、要は完済と同じ扱いなので、時効にかからない限り、貸金業者に過払い金請求を行い、返金を受けることが可能です。 この過払い金を現在のおまとめローンの返済に充てることで、ぐっと返済は楽になるでしょう。

過払い金請求用お問い合わせフォーム

無料相談について

事務所概要