かながわ総合法律事務所

戻る

債務整理の費用

「費用がどうなるかすごく心配だった…」
「返済があるのに費用までどうやって支払えば…」
このようなご心配は相談者のみなさまの共通の不安です。
当センターでは、費用面での負担を減らし、気軽にご相談からご依頼ができるよう様々な工夫を行っております。
開始費用0円で安心した手続きのサポートをモットーとしております。

任意整理・過払い金請求・自己破産・個人再生から住宅ローンの滞納・任意売却、相続放棄や時効の援用に至るまで、債務に関する相談は無料で行い、初期費用はありません。

任意整理では任意整理後の返済額を目安に分割払いの方法を設定していきますので、今後の返済額をイメージしながら無理なく費用のお支払いも可能です。

自己破産や個人再生は費用が高額でご心配されている方もいらっしゃいますが、分割払いが基本です。安心してご相談下さい。

返済中で過払い金発生の可能性がある方や完済の方の場合、取戻した過払い金で費用の精算を行います。
失敗に終わることはほぼありませんが失敗の場合は費用は不要です。

任意整理手続き費用

当事務所では相談料・着手金は不要です。
着手金とは専門家が事件を受任することで発生する費用になり、いわゆる初期費用にあたるものです。

借入先1社につき19,000円(税別)となります。

借入先1社につき、10,000円(税別)となります。
こちらも現在の月々の収入や手続き後の今後の返済額、現在の状況にあわせて、 月々分割でのお支払となりますのでご安心下さい。

手続き業者が何社あっても一律10,000円(税別)とさせて頂いております。
裁判になった場合の訴訟費用は別途計上となります。

取引に空白期間のある分断・不動産担保・支払い未納・訴訟案件などのケースでは、別途報酬が発生する場合がございます。

完済(支払済み)の過払い金請求

借入先1社につき19,000円(税別)となります。
※過払い金が発生しなかった場合や19,000円を下回る過払い金の場合には基本報酬は発生しません。

①交渉により実際に返金される金額の18%(税別)を成功報酬として頂いております。
※訴訟上・取引の分断・不動産担保・未開示などの案件に関しましては別途報酬額が計上されます。

手続き業者が何社あっても一律10,000円(税別)とさせて頂いております。
※過払い金が発生しなかった場合や10,000円を下回る過払い金の場合には発生しません。

自己破産手続き報酬

自己破産申立報酬として、230,000円(税別)を頂いております。
その他、裁判所費用の実費として2万円ほど。
※住宅ローンのみの破産の方は、200,000円(税別)で可能です。

自己破産申立報酬として、300,000円(税別)を頂いております。
その他、裁判所費用の実費(破産管財人費用)として30万円ほど。
※事案によって、少額管財の適用があるケースでは提携の弁護士を紹介させて頂きます。

個人民事再生手続き報酬

報酬として、300,000円(税別)を頂いております。
その他、再生委員の選任費用など裁判所費用の実費20万円ほど。

報酬として、250,000円(税別)を頂いております。
その他、再生委員の選任費用など裁判所費用の実費20万円ほど。
※事案により再生委員の費用面のケースで必要な場合には提携の弁護士を紹介させて頂きます。

時効援用手続き報酬

1社につき30,000円(税別)。
但し、1社のみの場合には50,000円(税別)。

手続会社が何社あっても一律10,000円(税別)。
※上記報酬は当事務所が介入した時点で、既に時効が成立している場合に限ります。

報酬精算の一例

サイムタロウさんの場合

A社に50万円、B社に30万円、C社に100万円、D社に80万円の借金があり、任意整理の依頼をした場合。

①基本報酬 19,000円×4社の
計76,000円
②和解報酬 10,000円×4社の
計40,000円
③実費代 10,000円
④合計金額 126,000円(税別)

カバライセイキュウさんの場合

現在返済を行っている借金はないものの、5年前に完済しているC社・D社・E社に対して20%以上の利息を支払っていたため、過払い金請求をし3社合計150万円の返還に成功した場合の当事務所の報酬額。

①基本報酬 19,000円×3社の
計57,000円
②過払い報酬 150万円の18%の
270,000円
③実費代 10,000円
④合計金額 33万7,000円(税別)

無料相談について

事務所概要