かながわ総合法律事務所

戻る

失敗しない事務所選び

「相談をしようと思って、インターネットで弁護士事務所や司法書士事務所を探していたけれど、
たくさんありすぎて結局どこに相談すればいいのかよく分からなかった…」

無料相談の際にこんなお話をたまに耳にします。

債務整理や過払い金請求を行っている弁護士や司法書士事務所はたくさんあるし、「一体どこを選んだらいいんだろう…」今回はそんな疑問について説明します。

司法書士や弁護士選びはどちらかというと、お医者さんを選ぶのとよく似ています。

分かりやすく言うと、良い弁護士・良い司法書士もいれば、ヤブ弁護士・ヤブ司法書士のような輩も存在するわけです。

事務所についても同様で、大手の事務所は大きい大学病院のような形態、個人の事務所は気楽に行ける町の病院のようなイメージと言った感じです。

「じゃあどうやっていい医者(弁護士や司法書士)を見分ければいいの?」となるわけですが、インターネットの情報だけではなかなか分かりづらいので、「話してみる」をしなければ、いいか悪いかは判断できないでしょう。

結局、自分を守ってくれるのは自分しかいませんので、自分自身がしっかりとした見極めをして、決断することが大切です。

ではその見極めとは? ポイントは下記のとおりです。

①相談に行ったら弁護士や司法書士は最後の5分ぐらいしか出てこなかった。

⇒こういった事務所では、相談から手続きになっても弁護士や司法書士とはほとんど話せないか、若しくは全く話せません。

流れ作業のように行っているので、依頼者の名前すら憶えられていないでしょう。

うちに無料相談に来る相談者からは、やはり大手の弁護士事務所でよくこのような対応を受けたと聞きます。

②過払い金のみを手続きして、返済の残るものについては手続きをしない

⇒利益率の高い過払い金業務のみを請負い、手間のかかる返済の整理は行わない

金儲け事務所は、そのやり方からして過払い金であってもまともな仕事はしてくれないでしょう。

弁護士事務所に多いと聞きますが、過払い金だけを行って返済の整理は何年も行わず放置され、結果裁判になってしまった…というような信じられない事務所もあるようです。

③「過払い金請求ができますよ」と電話をしてくる事務所

⇒どこで個人情報を手に入れたのか分かりませんが、最低ランクになるとこういった輩も存在します。

声をかけてくる時点で、ぼったくりバーと同じと考えて良いでしょう。

「相談会を行うから来てくれ」と無理やり呼び出し、交通費として1万円を請求された方も存在します。

これは大手の司法書士事務所の例です(弊所の依頼者談)

電話がかかってくるようなところは、絶対に相手にしてはいけません。

④相談先が司法書士又は弁護士であること

⇒最近では、「○○会計事務所」「NPO法人○○○○」など、専門職でないものが、宣伝を行い「最適な弁護士や司法書士を紹介します」とうたっているようですが、利益がなければ広告も出しません。

つまり、これらは紹介屋といわれる存在で、悪徳弁護士や悪徳司法書士に相談者を紹介し、その利益をもらっているわけですが、これは犯罪ですので注意しましょう。

せめて、相談先は資格のある弁護士か司法書士に行いましょう。

⑤電話対応・面談時に横柄な事務所

⇒初めて相談電話をされる方は、どれほど不安であるか相談に慣れている事務所ならよく分かっています。

それにも関わらず、横柄な態度をとる事務所はよほど経験が少ないか、相談者のためを思う気持ちが低いかのいずれかです。

そもそも初めて電話をかけてきた方に態度が悪い時点で社会人としてまずいかもしれませんが(笑)

相談の段階で不満の残る事務所に、手続きを依頼しても、当然後で後悔するでしょう。

以上、いかがでしたでしょうか?

あとは、その事務所との相性や立地的な問題、手続きの内容にもよるかとは思いますが、債務整理や過払い金請求は、事務所へ来所することがそんなに頻繁にあるものでもないので、少し遠くても自分が本当に良いと思った事務所に行ったた方がいいと思います。

今回の問題だけじゃなく、これから何が起きてもまた相談にいけそうという事務所が理想ですね。

無料相談について

事務所概要